セブシティのホテルを料金比較    マクタン島のホテルを料金比較


マニラからラグナへWi-fi付バスの旅


image-20130303151040.png

マニラからラグナというところへ行ってきました。

今回仕事の関係で、サンタクルーズ市(ラグナ州)に

行くことが決まり、最近フィリピンで最も熱いWi-fi付きの高速バスで

行ってきました。さて、このラグナ、日本人なんて一人もいません(たぶん、(笑))

でも、この田舎の街で奇跡の出会いがあり、仕事が大きく進みました。

ま、仕事の話は今度また改めて書かせて頂くとし、

ラグナまでの行き方を簡単にメモ書きしておきますね。

<マニラからラグナへの行き方>

まず利用すべき高速バス会社はDLTB社。

image-20130303151109.png

マニラ空港のあるパサイ市内に専用のバスターミナルがあります。

LRT(地下鉄)のBuendia駅の目の前なので、すぐにわかると思います。

マニラ空港からも、エルミタ・マビニからもタクシーで10分ほどです。

image-20130303151119.png

さて、ターミナル内でチケットを買います。

片道140ペソ(300円)  ・・・安っ! 

image-20130303151130.png

サンタクルーズ(ラグナ)までは

片道2時間30分。

早朝から深夜まで20分〜30分間隔でのピストン輸送です。

車中にはWi-Fiが完備。

さすがWi-Fi先進国のフィリピン!

DLTBバスはいままで利用した

バス会社の中でもっとも電波が安定してます。

Secured Wi-FiとオープンWi-Fiの場合があるので

乗車前に確認必要ですね。

(このブログも帰りの車中で書いてます)

image-20130303151631.png

また車中では映画も放映されてるので

飽きることもなかったです。

出発して1時間位のところにカランバン市という温泉リゾートがありました。

image-20130303151642.png

「88温泉」という標識が目にとまり、「まさか日本人経営のリゾート!」

とおもったのですが、中身は韓国系でした。

フィリピン版のチムチルバンってとこでしょうか。

カランバン市からさらに1時間ちょっとで

サンタクルーズ到着です。

image-20130303151703.png

暑いけど、空気によどみがなく、スモッグもないので

マニラよりずっと快適です。

サンタクルーズやラグナの情報は

ロンリープラネット・フィリピンにも詳しく書いてありますのでご参考まで。



posted by バガボンド at 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | マニラからラグナ 行き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。