セブシティのホテルを料金比較    マクタン島のホテルを料金比較


ゼスト航空の珍事件 その1 -名前を打ち間違える

zest-air.jpg

先日フィリピン国内のLCC「ゼスト航空」を利用した際に

ちょっとした珍事件がありました。

インターネットでチケットを買い、当日チェックインカウンターに

向かったんですが、チケット上に書いてある私の名前が

「Naoki」でなく「Naok」となってることに

直前になって気づきました。これはヤバい!搭乗できない。

と思ったんですが・・・


もう、今更慌ててもしょうがないし

半ばあきらめかけてましたが

一つの賭けに出ました。

それは身分証の提示で

パスポート以外のIDを出すこと。

フィリピン国内線はIDを提示された際に

写真付きの身分証であればなんでもOK.

なので、10年前位にとった

PADIのダイビングライセンスが

ちょうど古くなり、名前の個所の印字が

擦り切れてたので、もしかしたら!?(笑)

いけるかも!と思って

だめもとでトライしてみました。


以下、係員のお姉さんとの会話です。

係員:チケットと身分証明書を見せてください。

私:はい。これです。

ここで名前にミスがあるチケットとダイビングのライセンスを提示。

係員:(カチカチカチ)

係員:はい。搭乗券です。素敵な空の旅を。

私:(なんでやねん???ま、でも) サンキュー


と、あっさり搭乗券をもらえました(笑)

結局普通に搭乗でき、無事セブからマニラへ向かうことができました。

日本だったらあり得ないですね。名義変更にお金がかかるだろうし

ドタバタするような気がしますが、

そこは良くも悪くもテキトーなところがあるフィリピン。

今回はラッキーでした。

でも今後オンラインでチケットを取る際は、

絶対に間違えないように気をつけないと。


ちなみに、国際線でチケットに名前のミス表記があると

イミグレーションで確実にはじかれるので

皆さんも気をつけてくださいね。


さて、このゼスト航空のラッキーな珍事件

これだけでは終わらず

帰りの便でアンラッキーな事件に巻き込まれました。

今度ばかりは相当ドタバタしました。

ゼスト航空の珍事件 そのAはまた明日書きますね。

【関連記事】

ゼスト航空の予約方法



posted by バガボンド at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。