セブシティのホテルを料金比較    マクタン島のホテルを料金比較


1万円=5000ペソの黄金時代に暗雲

peso JPY chart.bmp.jpg

フィリピン・ペソと円の為替レートは

2012年11月時点で4950ペソ(1万円あたり)前後と

ついに5000ペソを割りましたね。

日銀の円売りで、ペソの価値が相対的にあがった形です。

日本の政府は当面円安志向なので、長い目で見ても

この円安・ペソ高傾向は続いていくような気がします。

そして今度の衆院選でもし自民党が勝てば、この傾向はさらに

顕著になります。その根拠が自民党の安倍総裁の発言。

円安.jpg

日本の建設国債を日銀に引き取らせるということ。

日本政府が国民にしている借金を日銀に鞍替えすると

いう報道があったためです。

国債の債権者が日銀になれば

通貨を発行できるので、

借金の額を減らすためにお札をじゃんじゃん刷る。

⇒円の価値が急激に減る

⇒急激な円安

このようなマネーゲームが日本政府主導で

行われたら、国の信用ダダ落ちです。

(ただでさえ、だれも日本国債買わないのに)

国債はさらに売られ、円離れはもっともっと加速し

ペソは当然ながら相対的にどんどん上がっていきます。

そうなるとちょっとつらいですね。


約2年ほど続いた1万円=5000ペソの黄金時代も

そろそろ終わりに近付いているかも!です。


いつかフィリピンに行こう!と考えてるなら

向こう3か月くらいの間がベストシーズンかもしれないですね!






posted by バガボンド at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン・セブ 旅行情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。